定期的にオーバーホールすることでタグホイヤーの寿命が延びます

タグホイヤーは男性の間で人気のある時計で、スイスを代表するスポーツ・ウォッチブランドです。スポーティで洗練されたデザインで、爽やかな印象を与えており男性を中心に浮動の人気を誇っています。150年以上の歴史があり、レース用として使用される高精度のクロノグラフ・ムーブメントの開発において、その技術力の高さで他の追従を許しません。F1などのさまざまなモータースポーツに貢献しており、カレラやモナコ・フォーミュラ1などの世界的に人気のあるレースにインスパイアされた魅惑的なモデルがたくさん登場しています。機能性や実用性はもちろん、上品にまとめられたスポーツ・ウォッチとして、タグホイヤーはさまざまなシーンやファッションともコーディネートすることができ、老舗ブランドとしてのステータスの輝きを放ちます。

定期的なメンテナンスが大切です

自動車にはオイル交換があるのと同じように、時計にも定期的なメンテナンスが必要です。特に機械式時計の場合、パーツとパーツの間に摩耗が生じるのでパーツ部の油が劣化したり、酸化したりするので約3~4年ぐらいで油切れになります。油が切れている状態で使うとパーツの摩耗に繋がるので、時計の寿命に大きな影響を及ぼしてしまいます。オーバーホールを行うことで、時計のパーツとパーツの摩耗を防いだり、適切な状態を維持することが可能です。時計を修理する専門店では高い磨きのテクニックを提供しており、購入した時のようにきれいな状態に仕上げてくれるでしょう。定期的にメンテナンスを実施することで、長期間適切な状態で使用することができ、時計を修理する頻度を軽減することができます。

オーバーホールのやり方

オーバーホールのやり方は、まず時計を完全に分解し、ケースからパーツを取り出します。次に、分解したパーツを洗浄し、きれいな状態に施します。特殊な洗浄器を使いながら、汚れを落とすことが可能です。何回か定められた時間内で繰り返し洗浄していきます。特殊な薬品を使うことで、細かな汚れも落とすことが可能です。次に、元の状態にするために組み立てます。職人がひとつひとつ組み合わせながら、適切な量のオイルを使っていきます。各モデル毎によって作業は異なるので、非常に神経を使う繊細な作業です。組み終わると、タイミング調整を行います。機械式時計としての精度が追求されるので、非常にデリケートな作業です。繊細なメンテナンスを行うことで、新品の時のような仕上げになり時計の寿命が長くなります。